WEBやプログラムなど色々発信します

企業向けHPに新しい選択肢、無料のWordPressテーマ

企業・店舗・塾・クリニックなど、ビジネス用途のホームページとしてのサイトテーマは選択肢があまりない印象です。

企業用ホームページとして有名なWordPressの無料テーマに「Lightning」があります。
前身は「BizVektor(ビズベクトル)」というテーマ。

今回は新しい企業向けの無料テーマとして「BusinessPress」が公開されていたので紹介がてら、みていきます。

参考
https://coliss.com/articles/blog/wordpress/wordpress-theme-businesspress.html

どんなテーマ?

デモサイトを見る限り、とてもシンプルです。
TOPページはサイドカラムなしのきれいなシングルページになっていますね。
流行りを取り入れたデザインになっているようです。

特徴

タイポグラフィーに力をいれていて、文字がきれい。

タイポグラフィーの美しさは無意識的にそのサイトの信頼度をお客様に伝えます。

https://demo.businesspress.jp/businesspress/

とのことで、ちょっと比較してみます。
テキストが多いページを選びました。

まずは「Lightning」のページ。



続いて「BusinessPress」のページ。



サイトの幅の違いがあるのでサイズが若干違いますが、ブラウザのサイズを固定しています。
わかりやすいのは行間の違いですね。
BusinessPressのタイトルは装飾が無くシンプルです。
タイトルタグの一覧はこちら

各種カスタマイズができる

スライダー以外にもブログの設定項目で表示形式を色々選べたのは意外でした。

Gutenbergに対応

従来のクラシックエディタからGutenbergへ移行した人やこれから始める人には嬉しいですね。

構造化データに対応

こちらで確認したかぎりでは「Lightning」には構造化データが含まれていませんでした。

BusinessPressでは記事部分が検出されました。

構造化データはSEOに直接影響がないものの、検索結果の表示に影響する部分です。
対応していると、検索結果がただの青色リンクだけでなくリッチになります。

まとめ

コーポレート向けのWordPressのテーマはあまりない印象なので、似たようなデザインになりがちです。
なので今回のテーマの用にTOPページが1カラムできれいに表示できる、という選択肢が増えるのはとてもいいことだと思います。

テーマ移行の注意点は元テーマで拡張した機能がそのまま使えるとは限らないのでご注意ください。特にテーマ独自のショートコードを多用している場合は、移行時にかなりの修正が必要になる場合があります。
つまり、なるべくシンプルがいいですよねーということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。