WEBやプログラムなど色々発信します

TwitterAPIの審査通らないって方はとりあえず目的を単純にしてみては?

TwitterのAPIを使うには申請が必要です、申請の際に使用目的を説明する必要があり、説明には英語で100文字以上といった条件があったりします。

一応説明はgoogle翻訳したものでも問題なかったです。
ただ、使い方によっては説明がうまく伝わらず申請がリジェクトされたり、追加で質問されたりと審査が長引くことはよくあるようです。

この段階でめんどくさくて諦めてしまったりする方もいるんじゃないかなと。

そこで、とりあえず申請を通したいなら利用目的を単純なものにすればいいんじゃない?って提案です。

単純な利用目的の例だと、自ツイートを自サイトで表示したいだとかブログの投稿と連動させるってことです。

この利用目的だと結構すんなり申請が通ります。
もちろん実際の利用目的のためには別途APPを作成して説明する必要がありますのでご注意ください。

ひとまずデベロッパーの管理画面にアクセスできるようになるだけでもモチベーションが上がると思うので、実際の利用目的のために試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。