WEBやプログラムなど色々発信します

クラウドストレージでプライバシーを保護したい?暗号化が使えるサービスはこちら

クラウドストレージといえばDropbox、Google Drive、OneDrive、iCloud Driveあたりが有名ですね、他のデバイスと共有するのに便利なので使っている方も多いと思います。

基本的にアップロードしたファイルはサービス提供元に丸見えです。
普通に使う分には気にすることはないことが多いファイルが多いと思いますが、仕事上での機密情報やプライベートでちょっとみられたくないファイルはあると思います。

もちろん流出リスクに対するセキュリティはかなりしっかりしていると思うのでそこまで心配することはないと思います。

現時点※2019、4月で上記大手クラウドストレージからの流出したというニュースは見当たりません。

過去には「宅ふぁいる便」から個人情報が流出したニュースがあります。

※参考https://japan.zdnet.com/article/35131897/

10G無料で使えるpCloud

さて、アップロードしたファイルは万が一に備えて誰にも見られたくないという方におすすめできそうなのが

pCloudというクラウドストレージサービスです。
最初から10Gが無料で使えます。
これはGoogleDriveに次ぐ容量ですね。

暗号化については「pCloud Crypto」というもの。
暗号化には別途料金が発生し、月約600円ほど、生涯契約では約1万9600円で利用できる。
これは暗号化した状態でアップロードし、パスを設定していれば所有者以外ファイルの中身を閲覧できない状態になるそう。
セキュリティはばっちりそうですね。

使い勝手についてもdropboxなどを使ったことがあれば特に戸惑うことはないでしょう。
外付けドライブとして認識させることができるのでPCの本体容量を食わずに済みそうです。

とにかく大容量がいいならMEGA

また、暗号化ストレージでは他に「MEGA」があります。
こちらはmegauploaderが前身のサービスですね。
※megauploaderはFBIが介入してサービス終了
無料で使える容量が50Gとモンスター級です。

今は複数のクラウドストレージサービスがありますが、自分にあったものが見つかるといいですね。
ちなみに僕はdropboxとgoogledriveを主に使ってます。
Amazonフォトは写真のアップロード容量が無制限なのでこちらもおすすめです。アマプラ会員なら無料で使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。